モカの帰国準備2

こんなにバタバタしているのに、大家さんが
次の貸し出しのために、人を連れてこようとしている(>_<)
かつてここまで家が荒れているのを見たこと無いぐらい
凄い状態だというのに。あーーーー面倒…。

と、引っ越しの準備を進めているわけですが
いやぁ、奥から出てくる、出てくる。まるで遺跡発掘。
古い地層から、ビックリするようなものが出てきます。
物が捨てられない夫婦なので、5年に1回位の引っ越しは
しておいた方がよさそうです。

では、引き続きモカの帰国準備2を!



そういえば、帰国が決まる少し前にお友達と
犬を日本に連れて行くための勉強会をしました。
この勉強会のお陰で、今回の作業が無事に
進んでいるように思います。

このお勉強会で、実はと――――っても大事な物の
存在を知りました。
それは、ドッグライセンスと狂犬病打ってますの証明書。

日本からワンちゃんを連れてきている方達は、香港の
空港でIDチップの埋め込みと狂犬病の注射をします。
そうすると、政府の証明書を貰えるわけなんですが
これがドッグライセンスとその証明書。香港に来た時点で
その存在を知るわけです。

で、モカを連れて行っていた病院ではIDチップと狂犬病の注射を
打っても、特に何をくれるわけでもなく。他の病院のことを知らないので
ドッグライセンスの存在も知らずにすごしておりました。
ところが、この勉強会でドッグライセンスと狂犬病証明書の
存在を知った私。
慌ててお医者さんに発行依頼をしました…。ってか、依頼しないと
くれないって。これがまた、漁農省の発行なんだけど一か月ほど
かかるので要注意な存在でした(>_<)

そうそう、狂犬病といえば日本では1年に1回が
有効期間ですよね。
ところが香港では、3年に1回。
「香港では3年に1回でいいんです!」と日本側に証明
するためにも、狂犬病の証明書を持っておくといいかと
思います。


さてさて、昨日の続きでANIPAS変更後。
このANIPASでの帰国日の変更を行ったのが、3週間前。
次に取りかかるのは、検疫関係書類の記入等々。

香港は狂犬病発生地域になっているので、
・FormA
・FormC1/2
・FormC2/2
まず、上記3枚の記入が必要になります。
この3枚には香港の漁農省のエンドースメントが必要なので
本来ならばシャムスイポーまで、行かなくてはいけないのですが
はっきり言って時間もないし、自分とドクターだけで書類を完成させるのが
恐ろしかったので、日通さんにエンドースメント取得代行をお願い
しました。
代行依頼することで、第3者による書類チェックもして貰えるので
これも作業が無事に進んだ要因の一つかと思います。

日通さんからは、エンドースメント取得のために
下記書類提出のお願いがありました。

1.エンドースメント申し込み用紙
2.動物検疫所の届出受理書 (コピー可)
3.Form A &Form C 
4.抗体検査結果 
5.注射手帳
6.ドッグライセンス

そう!ここでドッグライセンス登場。
本当になんか危なかった…。

と、案の定長くて疲れてきちゃったので
続きはまた(笑)

b0165130_141943.jpg


モカ?
と、いっつも間違えちゃう。ね、仔くん。
[PR]

by juli1st | 2010-04-03 01:06 | 帰国準備